課題解決型の営業に興味があった

就職活動当初から人と接する営業職を希望しており、その中でもアイビーシーの説明会で聞いた課題解決型の IT のコンサルティング営業という点に興味を持ちました。また、選考中も人柄を重視したポイントが多かったことや、営業職に必要なスキルや考え方を教えていただくシーンがあったので、入社前から社風や働くイメージを抱くことができ、自分に合っていると思って入社を決めました。

汗を流した分、経験値が倍になる感覚がたまらない

入社から一貫して営業部に所属し、現在は、金融・文教・サービス分野のお客様を中心に担当しています。自社開発の製品「System Answer G3」のご提案を中心に、インフラの運用管理ツールや、セキュリティ対策ツール、ネットワークのインテグレーション等、アイビーシーが得意な領域をお客様にご紹介します。お客様がほしい情報をタイムリーに正確に提供することで喜んでいただき、結果として提案が採用に至ったときが、何よりも嬉しいです。

最近はコロナ禍でリモートでの打合せが多くお客様との間に物理的な距離がありますが、それを払しょくできたと思うと、自分の自信に繋がります。また、製品導入後も「使ってよかった」「IT の運用が楽になった」等ありがたい言葉を頂戴した時も、「提案してよかった」と感じます。

汗を流した分、経験値が 2 倍・3 倍になる感覚がたまらないです。

誰よりも多くお客様に会うと決めた

B to B の営業活動全般に言えることだと思いますが、お客様に製品やサービスを採用していただくまでの道のりは学生時代までの経験では知りえないことも多く(例えば、年間計画・予算、稟議制度など)、初めのうちは苦労することもありました。そういったときに私は「社内の営業の中で、誰よりもお客さんに多く会おう!」と決め、計画してものごとを進める力や提案内容を高める為のイメージ力の大切さを意識し、コンタクトを増やし、着実にお客様との関係性を深めていくことに努めました。結果として、社内のコンサルタントチームとのコミュニケーションが増えたり、他部門との関係性もより強固になりました。
諦めずに継続した結果、新規のお客様へのプレゼンが評価されて受注に至るなど、貴重な経験を得るとともに自身の数字も伴ってくるようになり、3 年目に社内表彰された際、社長にねぎらいの言葉をかけられたのはいい思い出です。

困ったときには周りとコミュニケーションを取って乗り越える

営業職なので、達成すべき会社の予算がもちろんあります。特に 3 月や 9 月は半期末・年度末ということもあり、案件の受注を社内から期待されている時には、プレッシャーも大きいですし、もしできなかったら……と内心不安になる日もあります。そういう時こそ、上司や他部署のメンバーに助けてもらえる環境があるので、とてもありがたいと感じています。仕事に前向きな人が多いこともあってか、納得のいくまで直接会話を繰り返して自身では気づかなかった根本的な課題を見出し、解決の糸口を一緒に模索してくれます。開発部門にも声を通しやすいので、技術的に難しい場合でも相談に乗ってもらうことがあります。

また、新卒から 7 年経っても一緒に切磋琢磨しあえている同期がいます。今でも入社当初の苦労話や、お互いの強みを活かして営業ができているので、とても貴重な存在です。

息抜きが大切!!

新型コロナウイルスの流行で残念ながら機会は少なくなってしまいましたが、以前は平日の仕事後はよく社内の人と飲みに行っていました。オフィスのある茅場町の近くには美味しいお店がたくさんあるので、仕事から切り替えて役職や部署に関係なく盛り上がっています。また、営業職ですとお客様訪問の合間に気になるお店でランチをしたり、カフェで仕事をしたりするのも良い息抜きになります。

休日はゴルフの練習やコースに回ったりしています。自然の中で体を動かせるので気分が晴れますし、終わった後のビールはとっても美味しいです!

一緒にポジティブに働きましょう!

前向きな姿勢を持ち続けられる人に入ってきてほしいです。

私が入社した時は上場前で、今よりも粗削りなベンチャーっぽさがありました。社員数が増えた今でもその雰囲気が残っているので、アイビーシーには、成長したい人や活躍したい人がおのずと集まります。その中で切磋琢磨し高めあえる共通点は、「前向き」と「継続」だと思うからです。


フォローする